矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来東渡合町の沿革

2015.05.20

地勢
 矢作川の支流阿摺川流域に位置する。

名所旧跡
 縄文早・前期のヤゲ西遺跡、縄文晩期の東田面遺跡、鎌倉期の日向西古窯がある。大洞城跡がある。

地名の変遷
 江戸期は三河国加茂郡渡合村。明治初年東渡合村と改称。明治11年からは東加茂郡東渡合村、広岡村の一部となる。昭和30年からは足助町の大字東渡合。平成17年から豊田市東渡合町となる。

寺社
 養蚕大祖神社がある。