矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来大河原町の沿革

2015.05.20

地勢
 矢作川の左岸、大河原川流域に位置する。

名所旧跡
 縄文時代の大摺A・B遺跡・名目理遺跡がある。また、大河原城跡・浄土真宗説教所と薬師堂がある。

地名の変遷
 江戸期は三河国加茂郡大河原村。明治11年東加茂郡大河原村、同22年阿摺村大字大河原。明治27年瑞穂村大字大河原、同39年阿摺村大字大河原、昭和30年足助町大字大河原。平成17年から豊田市大河原町となる。