矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来野原町の沿革

2015.05.20

地勢
 巴川の支流野原川に沿って位置する。

地名の変遷
 江戸期は三河国加茂郡野原村、明治11年東加茂郡野原村。同22年富義村大字野原。明治39年東加茂郡下山村大字野原。平成17年から豊田市野原町となる。

寺社
 熊野神社は、元暦2年大職冠藤原鎌足の遠孫川合又右衛門実政が守護神として創建したのが始まりと伝える。寺院には、曹洞宗常楽寺があり、開山華厳大富は慶長12年没。別に法蔵寺があったが、常楽寺に合併。