矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来阿蔵町の沿革

2015.05.20

地勢
 巴川支流野原川の上流阿蔵川流域に位置する。

地名の変遷
 江戸期は三河国加茂郡阿蔵村。明治8年保殿村を合併。同11年東加茂郡阿蔵村。同22年富義村大字阿蔵。明治39年東加茂郡下山村大字阿蔵。平成17年から豊田市阿蔵町となる。

寺社
 安和2年創建と伝える牛頭天王八王子権現があり、大正2年保殿の八幡神社を合祀して須賀神社と改称。曹洞宗福寿院は、当初は天台宗、天文2年転宗と伝える。盆行事として「はね込み」のある夜念仏と盆踊りが行われる。