矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来小松野町の沿革

2015.05.20

地勢
 巴川支流大桑川の左岸に位置する。

名所旧跡
 縄文時代の宮下遺跡がある。

地名の変遷
 江戸期は三河国加茂郡小松野村。明治11年東加茂郡小松野村。同22年東加茂郡下山村大字小松野。平成17年から豊田市小松野町となる。

寺社
 村社には日月神社がある。寿永3年源義仲の残党が城を宮守山に築き、日月神社を守護神として崇敬。城主は晩年地蔵堂を営んで日月神社の別当として神仏に仕えた。地蔵堂はその後焼失、本尊を神社に移すと伝える(下山村誌)。