矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来仁王村の変遷

2015.05.20

地勢
 巴川支流仁王川流域、炮烙山・六所山西麓に位置する。

名所旧跡
 北部の天下峰は全山花崗岩の巨岩に覆われ、遠く濃尾平野まで眺望できる景勝地で、山腹に88体の仏が祀られ、別名弘法山ともいう。

地名の変遷
 戦国期は三河国加茂郡仁王。江戸期は加茂郡仁王村、二王村とも書いた。明治11年東加茂郡仁王村。同22年豊栄村大字仁王となる。明治39年松平村大字仁王、昭和36年松平町大字仁王。昭和37年豊田市坂上町となる。