矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来石楠町の沿革

2015.05.20

地勢
 矢作川支流巴川下流左岸に位置する。

地名の変遷
 江戸期は三河国加茂郡大楠村。明治11年東加茂郡大楠村。同22年豊栄村の大字となる。明治39年松平村、昭和36年松平町大字大楠。昭和37年松平町石楠となる。同48年豊田市石楠町となる。

寺社
 天仁2年創建という神明社の祭礼には棒の手が奉納される。この棒の手は、松平の棒の手として県無形民俗文化財に指定されている。