矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来豊松町の沿革

2015.05.20

地勢
 巴川支流の仁王川の上流域、六所山西麓に位置する。

名所旧跡
 隣接する大内にかけての松平城山城跡は、市史跡に指定されている。

地名の変遷
 昭和37年松平町の大字〔椿木・歌石・大田・茅原・羽明・大津・二口〕が豊松となる。昭和45年豊田市大字豊松。同48年豊田市豊松町となる。

寺社
 昭和40年各集落の神社7社を合祀して豊松神社を創建。