矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来豊栄村の変遷

2015.05.21

地勢
 矢作川支流巴川流域に位置する。
 明治22年東加茂郡の大楠・簗山・提立・大田・茅原・椿木・歌石・羽明・大津・二口・下屋敷・所石・杉木・仁王・正作・東宮口・真垣内・南篠平・日明・岩谷・下平の21か村が合併して豊栄村成立。旧村名を継承した21大字を編成。松平村との組合役場を正作に置く。同39年盛岡村・松平村の各一部となり、豊栄村消滅。岩谷・下平は盛岡村、他の19大字は松平村の大字に継承。