矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来長沢町の沿革

2015.05.21

地勢
 巴川支流郡界川中流右岸に位置する。集落は川沿いに立地し、長沢東と長沢西に大別される。

地名の由来
 郡界川に沿って長い沢をなす地形にちなむという(豊田市史10)。

地名の変遷
 明治11年東加茂郡の遊平村と西大沼村が合併して長沢村成立。同22年小川村の大字長沢となる。明治39年松平村大字長沢、昭和36年松平町大字長沢、同45年豊田市大字長沢。同48年豊田市長沢町となる。

寺社
 神社は津島神社と稲荷神社があり、寺院は真宗大谷派法徳寺がある。

記録
 昭和26年のガラ紡業者数10(松平町誌)。