矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来寺下町の沿革

2015.05.21

地勢
 矢作川中流域左岸の山間に位置する。

地名由来伝
 寺があったことによるという。

地名の変遷
 江戸期は、三河国加茂郡寺谷下村。明治22年七重村大字寺谷下、同39年石野村大字寺谷下、昭和30年猿投町大字寺谷下、同42年からは豊田市大字寺谷下。昭和45年豊田市寺下町となる。