矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来大見町の沿革

2015.05.21

地勢
 矢作川の支流大見川の開けた谷底平野に位置する。

地名の変遷
 南北朝期は三河国加茂郡高橋荘大見郷。江戸期は加茂郡大見村。明治7年同郡内に同名村があるところから西大見村と改称、昭和34年から豊田市大見町となる。

寺社
 正徳2年寺社書付帳には、阿弥陀堂・八柱神社を記す。経ケ峰山頂に秋葉社・御鍬社・山ノ神社、字狸洞に天王社があった(高橋村誌)。