矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来西丹波町の沿革

2015.05.21

地勢
 矢作川支流丹波川中流域に位置する。

地名の変遷
 明治6年丹波村が改称して加茂郡西丹波村成立。明治11年西加茂郡西丹波村。明治22年清原村大字西丹波、明治39年小原村大字西丹波。平成17年4月1日から豊田市西丹波町となる。

記録
 明治25年南北街道(知立~野原間)、明治45年飯田街道(名古屋~長野県飯田間)開通。

災害
 昭和47年の集中豪雨では山崩れ・崖崩れで家屋倒壊、山津波で田畑・道路の流失・埋没など被害激甚であった。