矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来石飛川 いしとびがわ(飯野川支流)

2015.05.21

<石飛町>

川名の由来
 この川が流れる村名「石飛村」を冠した川名。

川の概要
 ガレバ(崖)の多い荒廃山地247.7mから石飛町のほぼ中央部を西流し、喜多橋あたりで飯野川に注ぐ流長600mほどの小川。

いしとび(石飛)の地名由来
 「石飛び」は、山崩れで「石が跳ぶ」の意。あるいは、川を渡るのに「川底の石をピヨンピヨン飛で渡る」の意があるが、山崩れの多い地域であり、山崩れがあった所と推察される。