矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来籠川 かごがわ(矢作川支流)

2015.05.21

<猿投町・舞木町・亀首町・四郷町・花本町・荒井町>

川名の由来
 この川が、籠のように水が漏れるので付けられた。竹細工の笊や籠は網目が大きく、水が良く切れることから水が漏れる川を「籠川」と表現した川名。

川の概要
 猿投山628.9mの南斜面に源に猿投町地内を南流する広沢川と加納町地内を南流し、加納川を舞木町地内で合わせて「籠川」になり、亀首町を南に縦断し、以降右岸側の伊保町・上原町・梅坪町。左岸側の四郷町・花木町・越戸町・荒木町を経て矢作川に入る。一級河川。流路延長11,653m。