矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来安永川 あんえいがわ(矢作川支流)

2015.05.22

<挙母地区>

川名の由来
 先人が川名に託した想いが「安永」の文字に込められている。

川の概要
 昭和初期に造られた人工河川。梅坪町を源頭に、矢作川に平行して南へ流れ元宮町から一級河川となり長興寺あたりで長田川を集め水源町で矢作川に注ぐ流路長3,500mの一級河川である。

安永川トンネル
 安永川の排水はポンプで汲み上げていたが、2000年 9月の東海豪雨は、排水能力を超過し、浸水被害が出た。この浸水被害を解消するため2002年から2014年に、平成の大改修として高さ約7.8m、幅約11m、延長約2kmのトンネルを設けられた。