矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来初陣川 はつじんがわ(安永川西支線)

2015.05.22

<神田町・十塚町・松ケ枝町・錦町・元宮町>

川名の由来
 もと挙母村字初陣を冠した川名。現)十塚町地内豊田郵便局南「初陣公園」の辺り。平成の現在は、安永川西支線とも呼ばれる。

川の概要
 神田町1丁目を始点にして高台の小阪本町・常盤町の雨水を集め元城町・十塚町・松ケ枝町・錦町・元宮町の雨水を集めて、水門橋で安永川に注ぐ排水路。

はつじん(初陣)の地名由来
 定かでないが、挙母藩時代に、この地から初陣に出たことを記念する伝承地名と推察される。明治15年の字地名には記載されていない。

まつがえ(松ケ江)の町名由来
 松は末、枝は江、末ケ江=端に川が流れることを「松ケ枝町」と表記した町名。