矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来市木川 いちぎがわ(矢作川支流)

2015.06.05

川名の由来
 この川の河口の、旧)村名「市木村」を冠した川名。

市木川の概要
 流長4.884km、鞍ケ池を水源に、南西に流下して岩滝町・双美町を経て市木町に入り、水間町と川田町の境を流れ、寺部町で矢作川に注ぐ一級河川。

いちぎ(市木)の地名由来伝
 伝承では、イチイの大木があった所と伝える。