矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来逢妻女川 あいづまめがわ(境川水系・逢妻川支流)

2015.05.22

<豊田市保見地区~高岡地区>

川名の由来
 この川が、衣ケ原丘陵を取り囲むように西方を流れ「逢妻女川」と呼ばれ、東方を流れる「逢妻男川」が南流し、駒場にて合流するさまは、「着物の褄(裾)が合うようである」と風流な先人が「逢妻川」と命名したと推察される。

川の概要
 豊田市大清水町を発し女川は逢妻町で、みよし市の境を流れる布袋子川と合流して逢妻女川となり、甲川・向川・毛無川など小川を集め、豊田市駒場町で逢妻男川と合流する流長15,737mの二級河川である。

8862_逢妻川女川(逢妻女川橋)