矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来逢妻川 あいづまがわ(境川支流)

2015.05.22

<保見地区~高岡地区>

川名の由来
 衣ケ原丘陵を取り囲むように西側を流れる(女川)と東側を流れる男川が南流し、駒場にて合流するさまは、「着物の褄(裾)が合うようである」と風流な先人が「逢妻川」と命名したと推察される。この逢妻川の川名を冠して「豊田市逢妻町・刈谷市逢妻町」二つの町が誕生した。

川の概要
 豊田市駒場で逢妻女川と逢妻男川が合流し逢妻川となり、知立市山屋敷町で御手洗川を集め、刈谷市内で恩田川を集めて境川に注ぐ。流路長約10.7kmの二級河川。

合流-1