矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来平林境川 たいらばやしさかいがわ

2015.05.20

<元)北設楽郡押山村・現)豊田市押山町>

川名の由来
 この川の流れる地名、押山村字「平林」を冠した川名。

川の概要
 鳥屋場730mを源頭に白山洞を下り、大野瀬町と押山町字平林の境を流れ矢作川に注ぐ流長600mの一級河川。

たいらばやし(平林)地名の由来
 平林は、大野瀬と接する境の沢に沿った奥の深い洞。『稲武の地名』
 山中にあってこの程度の傾斜地なら「たいら=平坦な所」と表現するのか、あるいは、はやし(早い=傾斜地)に重点がおかれているのか、傾斜地形の山地を表現した瑞祥地名と推察する。

参考
地名用語語源辞典では、たいら(平)の語源は①平地。平原(方言)。②山中にある平らな所(方言)。③長野県で、盆地をいう語。

はやし(林)の語源は、①樹木が生えている所。②植林した所(方言)。③傾斜地(方言)。ハヤ(逸。急)・シ(接尾語)で、「急傾斜地」。④原野(方言)。と紹介する。