矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来野入川 のいりがわ

2015.05.20

<元)北設楽郡野入村・現)豊田市野入町>

川名の由来
 この川が流れる村名、「野入村」を冠した川名。

川の概要
 月ケ平937.7mを源頭に、野入町地内を北流し、丸根川・木地山川・杣路洞を集め国道153号と平行して大野瀬町に入り、井戸入洞・中粕洞・おこち洞を集めて、大野瀬橋の架かる所で矢作川に注ぐ。流長6.79kmの一級河川。

のいり(野入)地名の由来
 野入村は、隣村の大野瀬の入口であることによるという。また、地蔵峠や杣路峠を越えて当地に入るため、野の入(奥の意味)にちなんだともいわれる。『稲武の地名』