矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来井戸入洞 いどいりほら

2015.05.20

<大野瀬町・野入町>

川名の由来
 この洞の河口の小地名、「井戸入」を冠した洞名。大野瀬字ミヤの洞と字日ヨモの境を流れる洞で、呼称井戸入と呼んでいる。「井戸入」は野入村の字地名「井ノ入」が転訛した小地名と推察される。

洞の概要
 根羽村との分水嶺から大野瀬字ミヤノ洞と字日ヨモの境界を流れる洞で、野入町地内、新前橋付近で野入川に注ぐ。

いどいりほら(井戸入洞)地名の由来
 井戸入洞の水は飲料水などに利用されたことによる。『稲武の地名』