矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来中柏洞 なかかしわぼら

2015.05.20

<大野瀬町>

川名の由来
 通称地名「柏洞」の中ほどを流れる洞をいう。

洞の概要
 根羽村との分水嶺を源頭にして西に流れ野入川に注ぐ渓流。

かしわぼら地名の由来
 通称地名「柏洞」は、字ミヤノ洞・日ヨモ・中ギリ・コガイト・字ヲコチ辺り一帯の広い範囲をいう通称地名。カシワの語源は、当地には三国山の亀甲石で知られるように堅い岩の処を流れる洞と解釈される。新前橋付近に柏洞神社が祀られている。

参考
 『地名用語辞典』は、カシワを①カシ(傾)・ハ(端)という形の地名。②カタシ(堅)・イハ(岩)の訳。③ブナ科の落葉高木の植生によるもの。④古代、皇居守衛の任に当たる衛門の意。などを紹介する。