矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来本洞川 ほんほらがわ(名倉川源流)

2015.05.20

<設楽町西納庫字本洞>

川名の由来
 この川の河口の地名、旧北設楽郡納倉村字「本洞」を冠した川名。

川の概要
 碁盤石山の北に位置する稲武町と設楽町の境界峰である面ノ木峠・井山1,195mを源頭に、岩伏山982.9mとの谷合の字本洞地内を南流し、横萩川に合流する川。
 面ノ木峠には風力発電所が建設され、茶臼山高原道路の名所となっている。

ほんほら地名の由来
 本洞は、井山・碁盤石山・岩伏山が形成する谷のうち、本流の谷筋を強調した地名と推察される。