矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来合戸川 ごうとがわ(名倉川源流)

2015.05.20

<設楽町西納庫>

川名の由来
 この川の河口の地名、旧北設楽郡納倉村字「合戸」を冠した川名。

川の概要
 城ケ山918mの南麓、岩伏山982.9mの西麓を水源に、字合戸地内を西から東に流れ、川口と清水集落の中間(道の駅アグリステーション)で名倉川に合流する。

地名の由来
 合戸は、郷処の転で、川口集落や清水集落の所の意。
 あるいは表記文字のとおり、ゴウは合流する意、トは所の意にて、川に沿った街道と中馬道が出会う辻を表現した地名とも推察される。