矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来大野中洞 おおのなかぼら

2015.05.20

<夏焼町>

洞名の由来
 この洞が流れる地名を表現した洞名。小名「大野」地内の中ほどにある洞。

洞の概要
 広大な字クダリヤマ地内の小名池ケ洞と大野坂の中央を東流し、小名アシガ口辺りで名倉川に注ぐ洞。

アシガロ地名の由来
 アシガ口は、芦が多く生えた洞の入り口。

おおのざか(大野坂)地名の由来
 峰山の大野へ通じる坂道の特に勾配が急な所。

いけがほら(池ケ洞)地名の由来
 急な洞で、江戸時代に馬の代金を奪われ殺された一作という人が住んでいたと言われる。『稲武の地名』