矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来古屋貝戸川 こやがいとがわ

2015.05.20

<黒田町>

川名の由来
 この川の河口の地名、黒田村字「古屋貝戸」を冠した川名。

川の概要
 寺洞山の山林を水源に字「古屋貝戸」と字「折坂」との境を東南に流れ、水別川と合流して黒田川に注ぐ渓流。

こやがいと(古屋貝戸)の地名由来
 定かでないが、表記文字のとおり、古くからある集落区画を表現した地名と推察する。旧黒田小学校付近から山頂へかけての地域。地内に小地名的場・宮ノ越・宮ノ入、井戸沢・オドリバ・松根がある。『稲武の地名』