矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来小畑川 こばたがわ

2015.05.20

<小畑町>

川名の由来
 この川が流れる村名「小畑村」を冠した川名。

川の概要
 小畑城のある山地を水源に、下の組の薬師(兼集会場)辺りで介木川に合流する準用河川。

こばた(小畑)の地名由来
 小畑は川端の転で、カワ(川)・ハタ(端)の村を表現したと推察する。
 『旭町誌』中の小畑村図には、上・中・下組があり、小畑川・介木川に沿って水田が開かれている。

参考
 こばた:小幡、木幡、小畑、古畑、川畑、木場田①樹林の茂った所。〔鏡味〕コ(木)・ハタ(畑)の意か。②開発の古い熟した畑。④コバ・タ(処)か。⑤カワ(川)・ハタ(端)。⑥コ(小)・ハタ(畑)で、小さな畑もあるか。『地名用語語源辞典』