矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来松根沢 まつねざわ

2015.05.20

<閑羅瀬町>

川名の由来
 この沢の河口に地名、閑羅瀬町字「松根」を冠した沢名。

沢の概要
 旭高原元気村の北麓を水源に、閑羅瀬町字松根地内を北に流れ、矢作第2ダム湖に注ぐ谷川。国道356号線に槙平橋が架かる。

まつね(松根)の地名由来
 一説、名物の松の木が生えていて、その根元の所を表現した地名か。
 二説、矢作川沿いの下道(下組に行く道)と山の中腹を通る上道(国道356号線)が分岐する所を表現した地名か。松葉のように二又に分岐するその根本の所。