矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来榎洞川 えのきほらがわ

2015.05.20

<小田町>

川名の由来
 一説、この川の河口に「目印となる榎が生えている」洞を表現した川名と推察される。榎の根元に、道祖神・一里塚が在ることが多く、矢作川を行き交う船頭たちの目印とされた樹木の榎が生えていた。
 二説、エノキホラ川は、江除洞川の意にて洪水災害を経験した谷川を物語る川名とも思われる。

榎洞川の概要
 小田の山林を水源に、北流して矢作川に注ぐ谷川。