矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来白山川 しらやまがわ(阿摺川支流)

2015.05.20

<足助白山町>

川名の由来
 この川の水源地の地名、旧)「白山村」を冠した川名。今は足助白山町になったが、以前は白山村であった。

白山川の概要
 足助白山町地内を頭源に、北流し東中山町を経て、大蔵町地内の大蔵橋辺りで久木川と合流し、西北に流れて実栗町地内で阿摺川に合流する準用河川。

白山の地名由来
 シラは、土石流災害などを起す龍神を鎮める白髭神社のシラに通じ、地滑り災害の多い危険地帯を示唆する先人の警告地名と解釈される。なお、旭町地区の白石川は「しろいし」と発音し、シラとは異質である。