矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来大摺川 おおすりがわ(矢作川支流)

2015.05.20

<大河原町>

川名の由来
 この川の河口の地名、旧)大河原村字「大摺」を冠した川名。

大摺川の概要
 大河原村地内の字大摺地内を東から西に流れ、矢作川に注ぐ渓流。

おおすり(大摺)の由来
 一説、木材を流送するに、山から摺り下ろすことから付けられ、山の北側には摺小川が流れており、摺村も存在することから、瑞祥してオスリ(大摺)としたか。
 二説、当地の地質は、花崗岩の風化したマサ地帯であり、ガリ浸食の多い地域なので、山崩れ地帯を表現した地名か。