矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来野原川 のはらがわ(巴川支流)

2015.05.20

<野原町・高野町・宇連野町・阿蔵町>

川名の由来
 この川の河口の、旧)村名「野原村」を冠した川名。

野原川の概要
 一級河川・流長5.63km・流域面積22.3㎢。東加茂郡下山村と北設楽郡設楽町を境とする標高800~1,000mの尾根西斜面に発し、南西に流下して下山村野原の西で巴川に注ぐ。上流部を阿蔵川といい、阿蔵町地内を流れる滝沢川・猫田川、高野町地内を流れる保殿川・高野川を合流して野原川に合流する。また宇連野町地内を流れる・吉平川・奥山川が野原川に合流する。また宇連野川下流端で東大林町地内を流れる西洞川・大林川が合流する。野原川は、名勝保殿の七滝で知られる美しい渓流を持つが、谷はそれほど深くなく谷底の開けた所は水田化され、周囲の山地は小起伏の高原であり、多くの支流はこの小起伏面上で水田を伴う。
 沿線に保殿の七滝・野原川マス釣場・愛知県総合射撃場が在る。『角川地名大辞典』

5.(3).2) 野原川