矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来保殿川 ほどのがわ(野原川支流)

2015.05.20

<高野町>

川名の由来
 この川が流れる旧)村名「保殿村」を冠した川名。

川の概要
 高野町(保殿)地内の山地を南に流れ野原川に注ぐ小さな谷川。下流に名所「不動滝・保殿の七滝」がある。

ほどの(保殿)の由来
 ホトノは、包みこまれたような地形を女性の陰部に見立てた地名と推察される。

参考
 ホト〔仏、程、保戸、保土〕:①「女陰」の意から船形・穴形の地形、多くは河谷の名。二股のようになっている所。②山間のくぼんだ所。③フトに同じ。④懐。ふところ(方言)。ホホ(含)・ト(処)の略で、「包みこまれたような地形」。⑤ホ(秀。穂)・ト(処)で、「突出した地形」。⑥動詞ホトブ(潤)から、「湿地」。『地名用語語源辞典』