矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来杣沢川 そまさわがわ(大桑川支流)

2015.05.20

<和合町>

川名の由来
 この川の河口の地名、旧)和合村字「杣沢」を冠した川名。

杣沢川の概要
 三河湖の下流(西側)の山林を水源に、和合町地内の杣沢を西流し、朝日橋あたりで大桑川に注ぐ谷川。

そまさわ(杣沢)の由来
 樹木の茂った山を流れる沢。

参考
 そま【杣】:①樹木の茂った山。木材を切り出す山。また、造営・修理用材を採る目的で所有する山林。杣山。
 *万葉-二六四五「宮材(みやぎ)引く泉の追馬喚犬に立つ民の」②杣山の木。また、杣山から切り出した木。材木。そまぎ。③杣木を切り出すことを職業とする人。杣人。そまだくみ。きこり。『国語大辞典』