矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来大見川 おみがわ(矢作川支流)

2015.05.21

<大見町・室町>

川名の由来
 この川が流れる、旧)村名「大見村」を冠した川名。

大見川の概要
 源流部から大見町地内を西南に流れ、同町児童館あたりで五ケ丘から流れる砂山川を集め、室町地内で矢作川に注ぐ準用河川。

おおみ(大見)の地名由来
 当地は矢作川と巴川が合流する三角州地点に近いことから、昔はこの辺りは洪水のたびに湖となる、大水の地を表現した地名と推察される。