矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来力石川 ちからいしがわ(矢作川支流)

2015.05.21

<城見町・中金町・力石町>

川名の由来
 この川の河口の、旧)村名「力石村」を冠した川名。

力石川の概要
 流長5km。巴川との分水嶺である城見町を源に西流し、力石町で南曲し勘八山166mの西北山裾で矢作川に注ぐ一級河川。

ちからいし(力石)の地名由来
 力自慢をする大きな石が存在することに由来すると推察される。

参考
 長野県上山田町力石の由来伝は、千曲川の洪水で運ばれた巨石によって膂力を競うことからか、あるいは巨石崇拝によるものかとの口碑がある。