矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来一ノ瀬川 いちのせがわ(矢作川支流)

2015.05.21

<千鳥町~山中町~上高町~勘八町>

川名の由来
 この川の河口の矢作川の通称地名「一ノ瀬」を冠した川名と推察される。川筋の字地名には「一ノ瀬」地名は無い。

一ノ瀬川の概要
 上高町・山中町・千鳥町3町に囲まれた山林を源頭に、北西に流れ、上高町広見で二つの沢を集め、上高町で小川を集め、小呂町で小沢を集め、桑原を経て勘八町地内で矢作川に注ぐ。

いちのせ(一ノ瀬)の地名由来
 定かでないが、矢作川の舟運を営む人々が、浅瀬の注意地点として「一ノ瀬」と呼んだ所と推察。