矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来李川 すももがわ(矢作川支流)

2015.05.21

<鍛冶屋敷町・李町・百月町>

川名の由来
 この川の上流域の村名「李村」の名を冠した川名。

川の概要
 鍛冶屋敷町を源頭に、南流し李町地内で李西川を集め、大きく曲流しながら百月発電所辺りで矢作川に注ぐ流長3kmほどの渓流。

すもも(李)の地名由来
 定かでないが、州の元のような地勢を表現した村名と推察される。突き出た山地の東西の裾を西川と李川が流れる地勢は矢作川の三角州のようであり、スノモト⇒スモモに転訛したと推察される。

李川(界橋より)-1