矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来仲平川 なかだいらがわ(市野々川支流)

2015.05.21

<東郷町地内>

川名の由来
 この川が流れる所の地名、東市野々村字仲平」を冠した川名。

川の概要
 樋口沢の隣を南流し、北洞川に注ぐ700mほどの渓流である。

なかだいら(仲平)の地名由来
 東市野々村の中ほどに位置する平坦な所を表現した地名で、平野に住まう人には想像も付かないが、山郷ではこんな地形でも平坦地なのである。

災害
 昭和47年の集中豪雨では東市野々川とその支流流域の山崩れ・崖崩れによる山津波で民家・観音堂・林地などの倒壊・埋没・流失など甚大な被害を被った。