検索項目下記メニューを教えください。

治:調整池 - 高木調整池

場所 愛知県扶桑町
種別 防災施設
年度 H24年

本業務は、愛知県扶桑町高木地内を流下する般若排水路に対する治水対策として調節池を計画したものである。洪水調節は、本川流下量2.95m3/sに対して0.90m3/sをピークカットして横越流で調整池に導水するもので。貯留量は、13,900m3を予定している。当該基礎地盤は、扇状地状に計画されることから玉石混じり砂礫で非常に透水性の良い地盤であることから、地下浸透を想定した計画とした。計画にあたっては、地下水位観測を行って地下水位の変化を把握して調整池底面を決定した。また、地下浸透により有害物質の浸透が起こらないよう既設水路の水質・底質の調査を行い安全であることを確認している。