検索項目下記メニューを教えください。

解:構造解析 - 尾羽根川水管橋耐震性能照査他業務

種別 構造解析
年度 H26年

 本業務は、成田用水施設の尾羽根川水管橋の耐震性能照査と耐震対策、パイプライン(鋼管・道路横断部)の耐震性能照査、JR横断BOXの耐震対策の検討である。尾羽根川水管橋とパイプラインは、設計地震動と液状化の検討を行い耐震性能照査を行う。水管橋はL1が震度法、L2は地震時保有水平耐力法で照査する。パイプラインは縦断・横断方向各1断面の照査を、L1・L2とも応答変位法で実施。JR横断部は過年度耐震照査結果を踏まえた対策工を検討。

対象施設:尾羽根川水管橋(60m、径1350mm、杭基礎橋台)、パイプライン(SP径900、57.9m)、JR横断(B2.5、H2.0、55m、アンカー工12m)